下書き:グルタチオン点滴療法

–下書き–

ざっくり読む

 グルタチオンは人間の体内に広く分布するアミノ酸化合物で、強力な抗酸化作用があります。人間の身体を酸化(サビ)から守り、アンチエイジング効果のある代表的な薬剤です。
 免疫システムにおいても重要な役割を担っており、アレルギーや喘息などを抑える効果もあります。肝臓の解毒を助ける働きもあるので、ウイルスやアルコールによる肝障害にも効果があります。このほか色素沈着や肝斑やじんま疹、疲労回復や慢性皮膚炎、動脈硬化、などに効果が期待されおり、さらにはパーキンソン病の治療にも用いられています。
 最近では美白効果注目され、白玉(しらたま)点滴や化粧品の美白成分として使われています。
 残念ながら、20代をピークに加齢とともに減少していきます。グルタチオンはアミノ酸の一種であり、食品にも含まれています。胃腸で容易に分解されてしまいます。そのため、食事やサプリメントで十分量を摂取するには、限界があります。グルタチオンを体内に効率よく最大限に摂取するためには、点滴が最善の方法と考えられます。

グルタチオンとは

 グルタチオンとは、グルタミン酸、システイン、グリシンという3つのアミノ酸が連なったペプチド(化合物)です。古くから医薬品として認められており、食品では、豚レバー、牡蠣、アボガド、トマト、小麦粉、お米等に、広く存在しています。また、酵母の発酵物からも得られます。残念ながら、20歳台をピークに体内のグルタチオンは減少していきます。 グルタチオンには酸化型・還元型があります。

グルタチオンの働き1 抗酸化作用

 激しい運動 過剰なアルコール摂取 喫煙 ストレス不規則な生活などにより、体内に活性酸素・フリーラジカルというがつくられます。フリーラジカルは、電子を失って不安定な状態になってしまった状態で、細胞内部で細胞膜や核酸などを傷つけます。グルタチオンは、もっぱら還元型で存在していて、電子を豊富に持っており、電子を与えることでフリーラジカルを安定な状態に戻します。フリーラジカルが不必要に増えないようにすることが、健康維持の秘訣です。

グルタチオンの働き2 解毒

 グルタチオンは、細胞の中で毒素を見つけると、その毒素を包み込み、水に溶ける状態に変化させ、水溶性にします。グルタチオンによって抱きかかえられた毒素は、グルタチオンと一緒に細胞の外へと押し出され、毒素が再び細胞の中に入らないようにします。

グルタチオンの働き3 免疫

 免疫に関与するリンパ球のヘルパーT細胞には、Th1細胞とTh2細胞とがあります。Th2が増えると、Ⅰ型のアレルギー(花粉症、気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎など)が増悪します。グルタチオンがすくないと、Th2優位となり細胞の炎症が酷くなります。炎症が酷くなると、本来攻撃しないでもよいターゲットに対しても攻撃を行うように免疫反応の暴走がおこります。グルタチオンが十分な量存在するとTh1優位となり、免疫の暴走が起こらないようになります。
 外からの細菌が入って場合にも、グルタチオンは有用です。外敵が入ると、グルタチオンがNOの抗菌作用を高めるのです。
 このように、グルタチオンは、免疫性を高める機能と、外部から攻撃を仕掛けるウィルスやバクテリアに対して攻撃する機能の二つを持つのです。体の中の炎症を抑える為には、還元型グルタチオンのレベルを高く保つ必要があります。

グルタチオンの働き4 アンチエイジング

 細胞の発達と正常な増殖のコントロールにも関係します。染色体の末端にはテロメアと呼ばれる部分があり、染色体を保護しています。細胞分裂を繰り返すごとにテロメアは短くなってしまい、ある一定の短さになるとそれ以上の細胞分裂(増殖)ができなくなってしまいます。これを細胞老化と言い、過食や肥満や動脈硬化等、メタボリックシンドロームは、老化に拍車をかけます。グルタチオンが、このテロメラーゼ活性を非常に高いレベルでコントロールしている事が分かっています。テロメラーゼ活性を抑制する事は癌のコントロールに繋がり、その活性を高める事は細胞分裂寿命の延長を意味し、アンチエイジングの特効薬となりえます。テロメラーゼが究極のアンチエイジングの薬と呼ばれる所以です。

グルタチオンの働き5 美白

 紫外線を受けると、皮膚は細胞を守るためにメラノサイトを刺激してメラニン色素を作り出します。 メラニン色素の生成が排出よりも過剰になり、皮膚のターンオーバーの周期が乱れてメラニン色素の排出が滞ると、大量のメラニン色素が皮膚に留まり沈着してシミができてしまいます。
 グルタチオンは強力な抗酸化作用によって紫外線による活性酸素の発生を抑え、メラニンの過剰生成によるシミの発生を抑えます。さらに、メラニンの生成過程においてメラニン合成を阻害して、色の濃いユーメラニンを作らせないようにするとともに、色の薄いフェオメラニンに変化させると考えられます。グルタチオンは「メラニンを作らせない作用」と「メラニンを黒くしない作用」の2つの作用で美白に導くのです。

グルタチオンをふやすには

 グルタチオンはアミノ酸の一種であり、胃腸で容易に分解されてしまいます。そのため、サプリメントで十分量を摂取するには、限界があります。グルタチオンを体内に効率よく最大限に摂取するためには、点滴が最善の方法と考えられます。

トップページバナー