昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性へのお知らせ(風しんに対する追加的対策について)

風しんは「三日はしか」とも言われ、風しんウイルスの感染により引き起こされる感染症です。感染力が強く、咳やくしゃみなどの容易に飛沫感染し、2〜3週間の潜伏期間の後に発熱やリンパ節のハレ、皮疹が出ます。大人の場合は重篤な状態になることはまれで、症状がでないこと(不顕性感染)も15~30%ぐらいあるとされています。治療の基本は自分の免疫力でなおす(風疹ウイルスに対する抗体をつくる)ことで、対症療法として熱が出ていたら解熱剤を用います。

なんで今さら風しん? って思われますよね。そんな方は、ここから最後までお読みください。

大した病気ではないように思える風しんですが、実はとてもおそろしい病気です。
妊娠1ヶ月の妊婦さんが風しんにかかってしまうと、生まれてくる赤ちゃんが難聴・心臓病・白内障・緑内障・脳髄膜炎など大変な合併症をひきおこす先天性風疹症候群になる可能性が50%の確率となります。もしあなたが風しんにかかると、家族や親戚、職場などで風しんウイルスを広めてしまう、その結果風疹症候群の赤ちゃんが生まれる可能性が高まる、といった危険性があるのです。
幸い、この病気はワクチン接種で感染を防御できます。風しんワクチンは、現在は予防接種法に基づき公的に接種されており、計2回の定期接種が行われています。しかしながら、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性は、風しん抗体の保有率が他の世代に比べて低くなっています。このため国の方針で2019年4月より、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を対象に風しんに対する追加的対策が実施されました。対象者の方には住民票のある市区町村から無料クーポン券(抗体検査用、予防接種用)が届き、2022年3月31日までの3年間の期間限定で、無料で風しん抗体検査を行い、必要に応じて無料で予防接種を受けられます。まずは抗体検査を受けていただき、検査の結果、十分な量の抗体がない方がワクチン接種の対象となります。
当院は実施医療機関に指定されています。今回の追加的対策の対象となる方で抗体検査をご希望の際は、クーポン券と本人確認書類(免許証、マイナンバーカードなど)をお持ちの上、診療時間内にお越し下さい。抗体検査受診票を記入していただき、血液検査により抗体検査を行います。抗体検査の結果は1週間程度で判明し、風しんに対する免疫が十分でない方は予防接種の対象となります。
なお、予防接種を受けられる際には、クーポン券、抗体検査の結果(医療機関や健診機関から受け取ったもの)、本人確認書類をお持ちの上、診療時間内にお越し下さい。予防接種にはMR(麻しん風しん混合)ワクチンを使用します。

対象の方

○ 2019年度においては、昭和47年4月2日~昭和54年4月1日の間に生まれた男性に対して各市町村からクーポン券が送付されます。
○ 昭和37年4月2日~昭和47年4月1日までの間に生まれた男性のうち、今年度中にご希望される方はクーポン券の発行が可能です。一宮市中保健センター(電話:0586-72-1121)あるいは住民票のある自治体にお問い合わせ下さい。
なお、一宮市居住者以外の方でも抗体検査及び予防接種を当院で受けることができますが、かならず住民票の登録がある自治体が発行したクーポンをお持ちください。

風しん抗体検査希望の方

  1. 持参していただくもの
    市区町村から送付されたクーポン券
    本人確認ができる書類(運転免許証、現住所が記載されている保険証、パスポート等)
  2. 問診票に記載をしていただきます。抗体検査が必要となった場合に血液検査を行います。
  3. 検査結果が判明するのに数日要します。1週間後ぐらいに再来していただき結果説明を行います。電話での抗体検査の結果説明はおこなっていません。
  4. 当院では風しん抗体検査をHI法で行います。検査結果が8倍未満のかたは風しんに対する免疫が不十分と判定され、ワクチン接種が必要です。ワクチンの予約をしていただきます。

抗体検査で抗体価が低かったため、風しん予防接種を希望される方

ワクチン予診票に記入していただいた後に、問診および診察をおこない、異常がなければ接種いたします。

  1. 持参していただくもの
    風しん抗体検査の結果(当院で検査した場合は不要)
    市区町村から送付されたクーポン券
    本人確認ができる書類(運転免許証、現住所が記載されている保険証、パスポート等)
  2. 接種後は副反応観察のためしばらく院内にとどまっていただきます。
  3. 体調がすぐれない場合はワクチン接種を後日とします。